潤い肌を持続させるのに効果的な方法

スキンケアに注意する

潤い肌を持続させるなら、スキンケアアイテムから見直してみましょう。乾燥するシーズンは保湿中心のものに切り替えることをおすすめします。次にお風呂から上がった直後は皮脂膜がとれているので、乾燥しやすくなっています。そのため、入浴後なるべくすぐに基本の保湿ケアをしましょう。
また保湿のために化粧水をつけるならば手を使うのがおすすめです。直接手でつけることで有効成分が肌に浸透しやすくなります。さらにケアをするならば、口元や目元など皮脂腺が少ない箇所に油分を補うためにクリームを使いましょう。特に乾燥しやすい唇はワセリンや蜂蜜など天然のクリームでパックするとよいです。ケアしたい箇所をラップなどを使ってしばらく密閉しましょう。

ライフスタイルを見直してみる

ライフスタイルを見直すことも保湿を保つためには大切です。加湿器などを用いて自分がいる場所の湿度を上げましょう。デスクに置くことができるタイプもあるので、使うことをおすすめします。また栄養バランスに気を使うことも大事です。汗腺や皮脂腺の働きをサポートするビタミンAや、血行がよくなるビタミンE群を摂取しましょう。血行がよくなると新陳代謝も活性化するので、肌にも良いです。アーモンドやごまなどを意識して食べましょう。
お風呂に入る場合は、皮脂が欠乏しないように温度に注意しましょう。熱いお風呂に長くつかったり、身体を強く洗いすぎてしまうと皮脂が多く流れすぎてしまいます。このような点に気をつけて生活してみましょう。

© Copyright Skin Confidence. All Rights Reserved.